FC2ブログ

ジムニー、フルコース

去年、別の車を出してもらっていたお客さんから、二台目を買われたそうで、また今回もご依頼をいただきました。

ボディコーティング、窓ガラスの撥水コーティング、フィルム施工、ホイールコーティングとフルコースでのご依頼です。

好きな車でもあり、気分はウキウキです!

まず事前に社外品の箱入りホイールを持ち込んでもらっていたので、先にやっておきました。
もちろん得意の二度塗りです。

2019090601.jpg

フィルムのほうは、リア3面が可視光線透過率5%の一番濃い黒で、フロントドアは可視光線透過率88%の透明断熱タイプでのご依頼です。

姿勢も正しく、テキパキと作業が進んでおります。

2019090602.jpg

コーテイングのほうはというと、納車後間もないそうなんですが、本格的な作業前にちょこちょこ手を入れて最適化すべき箇所があったりしますので、頑張っております。

2019090603.jpg

窓ガラスはお約束どうり新車時でも油膜バッチリなので、こちらも撥水剤の受け入れ態勢をつくってやってからの~コーティングが効果を最大限に発揮します。

プロの仕事として、隅々までキッチリやりたいので、マスキングは欠かせないところです。

2019090604.jpg

いろいろと頑張り、ついに完成で~す!

2019090605.jpg

そういえば、いつの間にか創業27年の記念日を二ヶ月以上過ぎておりました!

全てのお客さんがそうではないにせろ、今回のお客さんのように複数回依頼してくれるユーザーさんや、長年お付き合いをさせてもらっている車屋さん達が、私の仕事に喜んでくれるおかげで、こんなにも継続して頑張ることができているんだな~と、つくずく思えるようになりました。

創業時の二十代の頃のような、力任せに頑張る体力は今はなくなりましたが、その分、大事なところに気が付くことも多々あります。

これからも、できるだけ多くのお客さんに喜んでもらうような仕事をしていこうと思う今日このごろです。

ありがとうございました。

ECHELON ”Zen-Xero” かなりいいです!

2~3年前からうちの車や、過酷な環境下で野ざらしにしている実験用のトランクリッドとかで経過を観察していて、「これはいけるな」 と思い、メニューに追加しているものに、”プレミアム” のガラス系ボディコーティングがあります。

”エシュロン” というブランド内で最高峰のコーティング剤 ”Zen-Xero” です。

P1090024.jpg

うちのメニューでいうところの ”レギュラー” のガラス系ボディコーティングとの違いを経過観察しているなかで、お伝えとすれば 「撥水力の持続期間が長い」 のと 「防汚性に優れている」 というところでしょうか。

メーカー的にはもっといろんな表現でアピールされておりますが、現実的、客観的にみて万能なものは無いと思っております。

ただ、上記の二点は、可能な限りほかのメーカーのものも試してきた経験からしても、今のところ ”最強” です。

施工金額は他店に比べて、 ”常識的” に設定しているつもりすが、それでもレクサスLS(黒)新車で¥110,000+税となっております。
うちではこれまで10万越えの設定なんかしたことがなかったので、ちょっと気が引けて、見積もりの依頼があっても、 ”レギュラー” の方しか伝えていなかったんですが、これからはちゃんと両方の説明をしていこうと思っております。

先日、一年半前に ”プレミアム” のほうを施工させてもらっていた常連さんから、メンテナンスのご依頼をいただいたので、こちらも経過を見させてもらういい機会になります。

ユーザーさんがお手入れを上手にされてあるのもあり、とってもいい状態ですが、鉄粉等のザラザラは固着しております。

真夏の暑いさなかでも石油ストーブの上にお湯を張ったブリキのバケツを載せ、その中にザラザラを除去する為のトラップネンドを複数入れて柔らかくしておきます。

これともうひとつ私が考案したやり方によって、塗装面へのダメージを最小限にして作業します。

2019082402.jpg

ザラザラの除去処理が終わったら次はメンテナンス剤の塗布です。

これはコーティング被膜上に付着した微細な汚れを除去しつつ、弱撥水性被膜を形成するというものです。

2019082401.jpg

お客さんが引き取りに来られた時、嬉しそうな表情で 「やっぱ綺麗になりますね~!」 っていうリアクションに、こちらもやりがいがあるってもんです。

2019082403.jpg

ありがとうございました~。

夏季休業のお知らせ

いよいよ日本三大お楽しみのひとつ、お盆がやってまいりました~!

カレンダーでいうと、今日12日は ”山の日” の振り替え休日ということもあり休業のはずなんですが、遠方から帰省されている常連さんからのご依頼があったので頑張っております。

2019081201.jpg

明日13日(火)~15日(木)までの三日間を ”お盆休み” とさせて頂きます。

またどんどんご依頼くださいね~!

透明断熱フィルムの経年変化

先日このブログで、「一般的なスモーク(黒)に比べて、透明断熱フィルムは、透明度を極限まで高めるために、使われている粘着剤が薄いです」、っていう話をさせてもらったんですが、ちょうどそれを説明するのにいい車が入ってきました。

約9年前に施工させてもらっていたお客さんから、貼り替えをご依頼いただきました。

粘着剤が劣化して、筋状にフィルムが浮いているところがあります。

2019080601.jpg

やわやわの粘着剤がガラス面に張り付いて、フィルム自体はスーッと剥がれます。

2019080602.jpg

一般的なスモークは、こんなに楽には剥がれませんので、粘着剤の弱さを感じるところです。

とはゆえ、約9年間もジリジリに暑い夏や、キンキンに冷えた冬にじっと耐えてくれました。
アッパレだと思います。

粘着剤がちょっとでも残ると、新しいフィルムを貼ったあと、けっこう目立ってしまうので、下処理は重要な作業です。

2019080603.jpg

バッチリ仕上がりました。

今回の仕事には関係ありませんが、昔ながらの ”ミニ” の大好きなアングルです。

2019080604.jpg

ちなみに、これがうちで使っている、可視光線透過率88%の断熱フィルムなんですが、そ~と~透明です。
国産の ”ニュープロテクション” というブランドのものです。

2019080605.jpg

それにしても魅力的な車です!

ウッドパネルも貼り物なんかでなく、無垢の木材を加工して装着してあったりして、建具職人の息子の私的には、グッとくるものがあります!

2019080606.jpg

またまたいいもん見させてもらいました。

ありがとうございました。

ボルボV90とベンツE320

小郡市にあり、うちでもよく利用させてもらっている大繁盛のケーキ屋の社長さんから、初対面だったんですが、ご依頼をいただきました。

ボルボV90は2~3年前の発売以来、見かける度に、その形が好きで惚れ惚れしていた車です。

ボディコーティングと窓ガラスの撥水コーティングです。

わくわくしながら作業にとりかかります。

新車なので、あんまり手を入れすぎるとかえってよくないんですが、必要に応じてコーティングの下処理を施してやります。

2019071701.jpg

特に問題なく仕上がったあとは、いろんな角度から眺め回す、私にとっての至福のひとときです。

この伸びやかなデザインと、写真では分かりにくいですが、フロントフェンダーからリアゲートまで続くピシッとした一本の折り目正しいプレスラインが、大胆さと繊細さを同時に表しているかのようです。
ん~、大好き!

2019071704.jpg

内装もこういうの、スカンジナビアンデザインっていうんでしょうか、とっても居心地がよさそうです。
本物の ”モダンリビング” な感じで、もうどの角度からも 「オシャレッ!」 って叫びたくなります。

2019071703.jpg

お次はベンツE-320でW124という型式の最終年式、超貴重品です。

私も同じ世代の ”190E” に乗っていた時期があるので、嫁さんと 「懐かしいね~」 なんて言っておりました。

こちらも、ボディと窓ガラスのコーティングを頼んでもらいましたので、頑張っております。

2019072002.jpg

ボディは全塗装されて二ヶ月ほどしか経っていないとのことで、状態がものすごくいいので、前処理がだいぶ楽でした。
そのぶん前処理代は安く計算しております。

バッチリ仕上がりました。

2019072003.jpg

このサイズ、今でいうところのCクラスです。

なので施工金額もCクラスにあわせておりますがしかし、この存在感はさすがです!

二台立て続けにいい車を見させてもらいました。

しかも差し入れのスィーツまで・・・!

本物の桃を使って作られていて、種をくり抜いたところに生クリームという、ずっしりと重みのある贅沢な一品!

2019071705.jpg

爽やかなレモンケーキもコーヒーのお供に美味しくいただきました。

2019072000.jpg


「仕事がんばってよかった~!」、と思う今日このごろです。

ありがとうございました。
プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム