FC2ブログ

ボルボV90とベンツE320

小郡市にあり、うちでもよく利用させてもらっている大繁盛のケーキ屋の社長さんから、初対面だったんですが、ご依頼をいただきました。

ボルボV90は2~3年前の発売以来、見かける度に、その形が好きで惚れ惚れしていた車です。

ボディコーティングと窓ガラスの撥水コーティングです。

わくわくしながら作業にとりかかります。

新車なので、あんまり手を入れすぎるとかえってよくないんですが、必要に応じてコーティングの下処理を施してやります。

2019071701.jpg

特に問題なく仕上がったあとは、いろんな角度から眺め回す、私にとっての至福のひとときです。

この伸びやかなデザインと、写真では分かりにくいですが、フロントフェンダーからリアゲートまで続くピシッとした一本の折り目正しいプレスラインが、大胆さと繊細さを同時に表しているかのようです。
ん~、大好き!

2019071704.jpg

内装もこういうの、スカンジナビアンデザインっていうんでしょうか、とっても居心地がよさそうです。
本物の ”モダンリビング” な感じで、もうどの角度からも 「オシャレッ!」 って叫びたくなります。

2019071703.jpg

お次はベンツE-320でW124という型式の最終年式、超貴重品です。

私も同じ世代の ”190E” に乗っていた時期があるので、嫁さんと 「懐かしいね~」 なんて言っておりました。

こちらも、ボディと窓ガラスのコーティングを頼んでもらいましたので、頑張っております。

2019072002.jpg

ボディは全塗装されて二ヶ月ほどしか経っていないとのことで、状態がものすごくいいので、前処理がだいぶ楽でした。
そのぶん前処理代は安く計算しております。

バッチリ仕上がりました。

2019072003.jpg

このサイズ、今でいうところのCクラスです。

なので施工金額もCクラスにあわせておりますがしかし、この存在感はさすがです!

二台立て続けにいい車を見させてもらいました。

しかも差し入れのスィーツまで・・・!

本物の桃を使って作られていて、種をくり抜いたところに生クリームという、ずっしりと重みのある贅沢な一品!

2019071705.jpg

爽やかなレモンケーキもコーヒーのお供に美味しくいただきました。

2019072000.jpg


「仕事がんばってよかった~!」、と思う今日このごろです。

ありがとうございました。

ベンツVクラスのコーティング

いつも春日市の車屋さん経由で御依頼いただいている常連さんからです。

リアまわりをぶつけられたそうなので、板金修理後、ついでに全体磨きとコーティングです。

20190613 01

ボンネットやルーフには、”お約束” の酸性雨なんかにやられた痕があるので、できるだけ目立たなくしつつ、塗装の厚みもキープしながら磨いていきます。

助手の嫁さんと三日間くらいかけて頑張りましたのでバッチリです。

20190613 02

車屋の社長さんが見るなり、「かぁ~っ、変わるもんやね~!」 と肉体労働の疲れも吹っ飛ぶありがたいお言葉、頂戴しました。

ユーザーさんにも喜んでもらったら幸いでございます~。

いつもありがとうございます。



激レア ”Z” のコーティング

長年お世話になっている車屋さんからのご依頼で、フェアレディZのバージョンNISMO Type380RSという希少車を預からせてもらいました。

300台の限定車とのことで、なんかぞくぞくします!

ボディと窓ガラスの撥水コーティングなんですが、新車から10年以上経っていても、走行距離は数千キロで、ぱっと見、私の出番があんましなさげなくらい超絶綺麗でした。

と言いつつ、よ~く見ると鉄粉等のザラザラ成分、モールまわり等の黒ずみ、ボディ面の鏡面仕上げ、窓ガラスの若干の雨染みと、やること盛りだくさんです。

作業中の写真は割愛させてもらいますが、バッチリ ”新車” に仕上がりました。

20190511 2

レース用のエンジンを ”NISMO” が公道用にチューンしたもので、350馬力もあるらしいです!
ん~、走らせてみた~い!

20190511 1

6速マニュアルも貴重品です!

20190511 3

あぁ~、いいもん見させてもらいました。

ありがとうございました。

この車のお客さんには、半年ほど前にもBMWのM5をご依頼いただいており、重ね重ねありがたいことでございます。

よくあるご質問

お客さんに 「新車から、もう何年か経っていて塗装面がいまいちなんですが、コーティングできますか?」 って聞かれることがあります。 

心の中では 「はい、大好物です!」 って思いながらも、できるだけ自分なりに、「ここはこういう処理をします、ここはこうなります、この部分はどうしようもありません・・・」 とかの説明をします。

こないだ、大野城市でやっていた頃(20年以上前)からの常連さんから久しぶりのご依頼で、新車から9年ほど経ったステップワゴンを施工させてもらいました。

まず、リアバンパーにあるガリキズを、取引先の板金塗装屋さんで直してもらいます。

20190508 1

業者さんから戻ってきてから、こっちの作業にとりかかります。

ボンネットとルーフの、水平に近い面が経年変化で白っぽくなっております。

20190508 2

体力的には、かなりきついものがありますけど、鏡面仕上げした後の変わりようが気持ちいいです!

助手の嫁さんと二人で、コーティングまでやって2~3日かかりましたが、塗装も甦り、ばっちり仕上がりました。

20190508 3

四半世紀も前からお世話になっている、”いぶし銀” の板金塗装屋さんの仕事もバッチリです。

20190508 4

お客さんにも喜んでもらって、こっちも嬉しいです。

いつもながら、これが私のモチベーション維持になっております。

ありがとうございました。

BMW220iのコーティング

最近の車は何故かどんどん巨大化してますよね~!

先日預かったBMW2シリーズクーペは、ひと昔前の3シリーズくらいで、ちょうどいいサイズ感です。

私、伸びやかな(必然的に大きくなります)デザイン最優先でジャガーのXFに乗っておりますが、普通に乗るんだったらこのサイズが 『ちょ~どえぇ~!』 と思っております。

作業するにも 『ちょ~どえぇ~!』 です。

P1090069.jpg

合間合間に眺めるこの光景が好きでですね~。
年末に綺麗にした加工場前面ガラスのお陰で、写り込みが美しいです!

P1090070.jpg

窓ガラスの磨きと撥水コーティングもご依頼いただきましたので、こちらもできるだけ ”新車” にします。

P1090074.jpg

重厚感のある黒もいいですが、純真無垢の白もスッキリ感が際立って、やりがいがあります。

バッチリ仕上がりました~!

P1090081.jpg

フロントの精悍な顔つきがグッドです!

ありがとうございました。
プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム