FC2ブログ

BMW220iのコーティング

最近の車は何故かどんどん巨大化してますよね~!

先日預かったBMW2シリーズクーペは、ひと昔前の3シリーズくらいで、ちょうどいいサイズ感です。

私、伸びやかな(必然的に大きくなります)デザイン最優先でジャガーのXFに乗っておりますが、普通に乗るんだったらこのサイズが 『ちょ~どえぇ~!』 と思っております。

作業するにも 『ちょ~どえぇ~!』 です。

P1090069.jpg

合間合間に眺めるこの光景が好きでですね~。
年末に綺麗にした加工場前面ガラスのお陰で、写り込みが美しいです!

P1090070.jpg

窓ガラスの磨きと撥水コーティングもご依頼いただきましたので、こちらもできるだけ ”新車” にします。

P1090074.jpg

重厚感のある黒もいいですが、純真無垢の白もスッキリ感が際立って、やりがいがあります。

バッチリ仕上がりました~!

P1090081.jpg

フロントの精悍な顔つきがグッドです!

ありがとうございました。

コーティングでの作業内容

前回に引き続き、コーティングのほうも、今まで伝えていなかった作業内容があったような気がしますので、紹介させてもらいます。

いつもお世話になっている車屋さんからのご紹介で、福岡市内から持って来てもらいました。
ふつうのセダンに見えて、中身はほぼスーパーカーで、BMWの ”M5” です!

下は仕上がり後の写真ですが、この存在感がたまりません!

P1090023.jpg

さて、作業の方は前回のメンテナンスのところで説明したとうり、足回り洗浄→ステップの下側等の下回り洗浄→洗車→鉄粉等のザラザラ除去までは同じなので、ここでは割愛させてもらいます。

この車は、とってもお手入れが良く、私の出番がいまいち少ないかな~なんて思っておりましたが、やっぱりあっちもこっちもやることが盛りだくさんで、やりがいがあるってもんです。

まず、こまごました所に固着した黒ずみが気になるところなので、その頑固さの度合いによって、研磨剤やその他のケミカル品を使い分けて綺麗にしておきます。

P1090008.jpg

それから、ドアを開けた内側のところもできるだけ綺麗にしておきます。
この部分も、あとでコーティングしますが、ふだん露出していないところなので、かなりの長期間、ツルんツルんの状態が維持できて、車の乗り降りの際に触ると気持ちがいいです。

P1090009.jpg

次にマスキングをしてボディ面の磨きに入ります。
塗装面の状態により、研磨剤とバフを選択し、コーティングの受け入れ態勢を整えておきます。

ここで、浅めのスクラッチキズとか、付着している水垢なんかを取り除いて、できるだけ ”新車” にします。

P1090014.jpg

これをやりつつ、助手の嫁さんに車体廻りの下側を、鏡で確認しながら手作業で磨いてもらいます。
この、鏡を使った作業はいいアイデアだな~と思い、同業他社さんからパクらせていただきました。
「ありがとうございます!」

下の写真は私ですが、実際は助手が担当します。

P1090017.jpg

ここへきてやっと本題のコーティングです。

手塗りとバフがけ、使用するコーティング剤によって使い分けます。

P1090018.jpg

今回のコーティング剤はエシュロンというブランドの最高峰ガラス系 ”Zen-Xero” というものを使いました。

ベースコートとトップコートの二液施工で、二年ほど前から、うちの実験車で施工後の経過を観察しております。

私の知っている限り、この ”Zen-Xero” も含め、いくら高価なコーティング剤でも完璧なものは無いと思いますが、これは防汚性が際立っているように思います。

P1090024.jpg

ちなみに、うちで使っているガラス系コーティング剤は二種類ありますが、今回の ”Zen-Xero” は高級バージョンの ”プレミアム” のほうで施工させていただきました。

これからも、できるだけ多くのお客さんや取引先の皆さんに喜んでもらえるよう精進していこうと思っておりますので、どんどんご依頼くださいね~!

ありがとうございました。

BMW、外注の板金塗装からはじまり、いろいろ・・・

いろいろとお世話になっている ”先生” からご紹介のお客さんです。

新車から10年くらい経っていて、けっこう状態はいいんですが、打ち合わせでフロントバンパーだけは、あっちこっち ”ガリキズ” があったりしたので、”一本塗り” してからの~・・・ということになりました。

P1080637.jpg

ボディコーティング、窓ガラスの磨き&撥水コーティング、フィルム施工(フロントガラス以外全面)と、やることもりだくさんです!
ビフォーアフターが、そ~と~違ってくるはずなので、やりがいがあります!

いろんな作業をやって、正味一週間以上かかりましたので、バッチリ仕上がりました。

P1080663.jpg

サイドとリアはフル断熱仕様になりました。

P1080664.jpg

できるだけ永く美しく乗ってもらえれば、こちとら嬉しいってもんです。

ありがとうございました。

ド迫力のレクサスLX

うちにしては珍しく1000万オーバー車を預からせてもらいました。

しかも、常連の車屋さんからの優雅な ”ドライブ” も楽しませてもらいました。
このような車に乗っていると、交通マナーのなっていないドライバーにも、おおらかに対処できます。
精神衛生上、とってもいいことです!

それにしても、ボンネットを作業する時にも、”コロポックル” のような小さな私には踏み台が必要なくらいデカイです!

P1080621.jpg

作業が終わって眺めまわします。

P1080626.jpg

吸い込まれそうなフロントグリルです!

内装は ”LS”の高級感!

P1080631.jpg

お仕事柄、いろんな車を触ることができて、ぼかぁ~幸せです!
ありがとうございました。

アルファロメオのブルー、鮮やか!

ご近所にお住まいで、はじめてのお客さんです。

ボディコーティングとフロントドアの透明断熱フィルム施工のご依頼です。

あんまりアルファロメオのことは詳しくなかったんですが、作業しながらボディカラーとデザインに惚れ惚れ・・・
あと、写真は無いんですが、内装もいいんです。

作業後、ナンバープレートを元に戻す前の状態がかっこいいです!

P1080614.jpg

この映り込み、大好きなアングルです!

P1080612.jpg

バックシャンもそそられるものがあります。

P1080609.jpg

この車、スポーツカー好きで家族持ち、それでいて国産車の安心感はいいけど、ちょっと退屈、ドイツ車の確固たるステイタス性、まじめな車づくりは魅力だけれど、数がね~・・・っていう方には、かなりいい選択なんじゃないかしら? と思わせられる一台でした。

いいもん見させてもらいました。

またメンテナンスとか再加工なんかで預からせてもらったら嬉しいですね~!

ありがとうございました。
プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム