FC2ブログ

フィルム施工後のドラレコの視認性

ドライブレコーダーって、とても心強い味方ですが、最近では前方だけではなく、後方にもカメラが付いている車も増えてきました。

そこで気になるのが、フィルムを貼ったあとの映り具合です。

せっかく後ろにまでカメラを装着して何も映っていなかったらダメですから。

このまえ貼らせてもらった透明ガラスのホンダ・アクティバンには、断熱スモークの可視光線透過率5%(一番濃い黒)でした。

こちらのカメラは、バックモニターとドライブレコーダーが一体になっているタイプで、ハイマウントストップランプのカバーに取り付けてありました。

2020090805.jpg

ルームミラーに映るタイプですが、貼ったあとの映像がこちらです。

2020090807.jpg

貼る前の映像を撮っていなかったのであれなんですが、ばっちり映り込んでおります。

夜間のビフォーアフター映像も見てみたいので、こんど機会があるときにでも比べたいと思います。

仕上がりがこちらです。

2020090806.jpg

続いては、数年前から何度かご依頼いただいている柳川市のお客さんが奥様用に、トヨタ・ライズを購入されたということで、ご依頼いただきました。

こちらはプライバシーガラス(色つきガラス)に、断熱スモークの可視光線透過率5%(一番濃い黒)と、15%(二番目に濃い黒)と、どっちか迷っておられました。

プライバシーガラス+15%は以前、何度か別のお客さんにも確認をとっていて、ドライブレコーダーの映りに問題無いことは把握しておりますが、5%のほうはちょっと自信がないので部分的にサンプルを貼って、お客さんに決めてもらうことにします。

下の写真で、向かって左側が可視光線透過率5%の濃いほうで、右側が15%の一段階薄いほうです。

2020090801.jpg

15%のほうで貼らせてもらうことになりました。

さきほどのアクティバンは透明ガラスに、一番濃い5%でしたが、このプライバシーガラスに二番目の濃いさの15%を貼ると、結果、同じくらいの濃さになります。

今回は先のアクティバンの時のような、画面での映像ではないですが、ビフォーアフターを撮っております。

まず、貼る前がこちらです。↓

2020090802.jpg

続きまして、貼ったあとです。↓

2020090803.jpg

後ろに車のあるなしはありますが、別々の日に同じくらいの時間帯・天候で照明を点けずに撮影してみました。

ガラスがより黒くなり、プライバシー保護効果や断熱効果が高くなったわりに、なかなかの視認性ではないでしょうか。

ちなみにこのトヨタ・ライズのドライブレコーダーは、ダッシュボード上に後ろ向きで設置してありました。(新しい!)

2020090804.jpg

最近特に、車のいろんな変化を感じられることが嬉しい今日このごろです。

ありがとうございました~!

断熱フィルム、新入荷しました~!

最近は温暖化の影響もあってか、真冬以外は晴れた日の運転、暑いですよね~!

お客さんからのご依頼も、今では断熱系フィルムでの施工依頼の割り合いが、ずいぶん増えてきました。

これまで、スモークの可視光線透過率5%(いちばん濃い黒)は、その濃さのおかげで太陽光を遮る度合いが強いので、断熱系の必要性はそこまで感じていませんでした。
しかし、お客さんとのやりとりのなかで 『どうせ貼るならそっちのほうが・・・』 的な空気も感じていたので仕入れてみました。

2020072101.jpg

そこでさっそく、得意の実験です。

同じ可視光線透過率5%の一般的なスモーク(黒)と、断熱スモーク5%でどのくらい違うのかが気になるので、ちょっとやってみることにしました。

2020072102.jpg

ノーマルで40℃の時に断熱系は34℃と、まぁまぁいい結果が出ました。

実際に手をかざしてみると、めちゃくちゃ違うとまではないにせろ、はっきりと違いが分かります。

これで貼った第一号車がこちら、ベンツのGLCクーペです。

2020072103.jpg

以前、BMWも出してもらっていて、今回は三回目のお客さんでした。

2020072104.jpg

なんかあると、またこうして依頼してもらえるっていうのが嬉しいんですよね~!

これからも、できるだけお客さんに喜んでもらえるように頑張っていこうと思っておりやすので、またどんどんご依頼くださいませ~!

フィルム施工、当店なりのこだわり一例

いろんな業界の職人技を見て思うのは、その仕事に対する思い入れの深さ、責任感の強さが、プラスひと手間などなど多くのものに反映され ”仕上がり” の良し悪しを決定するんだな~、ということです。

カーフィルムを貼り始めて25年ほど経ちますが、まだまだ修行している気分です。

できるだけ美しくフィルムを貼るために、自分なりにこだわっているところをちょっと・・・

市販のフィルムを貼ったことのある方はお分かりかと思いますが、一番は ”ゴミ” の混入をどう防ぐかです。

どんなにカリスマ職人が貼っても、若干の ”ゴミ” は入るもんですが、素人さんとプロでは、レベルが全く違うべきだと思っております。

うちでは約20年前、この加工場を造り込む時、通常のスチール製シャッターの内側にガラスシャッターを併設しております。

ゴミを嫌う作業中は、スチール製シャッターは開けつつ、そのガラスシャッターを締め切って外の環境に左右されないようにしております。

20200319.jpg

下もコンクリート打ちっ放しはホコリっぽいので、加工場全体を、たしか三層構造だったと思いますが、樹脂床にしております。

貼る前には霧吹きをやってこれでもかです!

20200319033.jpg

あと、フィルムに付着したゴミを落とすには流水が一番なので、自作したコロコロ付きボードにフィルムを付けて、ザーザー流します。

2020031904.jpg

で、貼ります。

2020031906.jpg

あと、”ゴミ問題” とは違いますが、貼る時にその車のパワーウィンドウを上下させたりして、バッテリーが消耗してしまうので、先手を打って充電しながらやります。
バッテリーは一回あげてしまうと、かなり寿命が短くなってしまうらしいので、逆に ”満タン” にして返すくらいの気持ちです。

2020031902.jpg

最近はリアゲートなんか電動のものも多かったり、ちょっとパワーウィンドウを動かすのにスイッチを入れるとライトが点灯してみたり・・・
ハイテク化が進むにつれ、バッテリーに依存する度合いが高くなってきたように思います。

なのでそういうところも、できるだけ抜かりなくやっていかなければいけません。

2020031905.jpg

ご近所でいつもご依頼いただいている外車屋さんからのボルボ、ノーマルでも十分かっこいいです。

ばっちり仕上がりました~!

20200325.jpg


これからも、”日々是精進” の精神を忘れず、できるだけ楽しく永くやっていきたいな~、なんて思っております。

またこらからもどんどんご依頼くださいね~!






断熱系フィルムの実験

以前、フィルム施工の書き入れ時は、夏の暑い盛りの時分と相場が決まっておりましたが、近頃のようにプライバシーガラスが当たり前になってからは、数こそだいぶ減りましたが、季節に関係なく冬でもまあまあご依頼があります。

そのなかでも断熱系のフィルムが人気です。
うちでは一般的なものと比べて金額的に10%増しの設定にしておりますが、こちらのほうが多くなってきました。

ちょっと前から故障していた、断熱フィルムの体感器が復活しましたので、得意の実験をしてみました。

ハロゲンランプの手前側に、比較したい二種類のフィルムを貼ったガラスをセットして、熱の伝わり方の違いを感じようというものです。

2019120601.jpg

さらに温度計をセットするってぇと、より具体的になるかな~と思ってやっております。

まずは人気ナンバーワン、可視光線透過率15%の一般的なスモーク(左側)と断熱タイプ(右側)での実験です。

左側が37℃の時に右側は27℃と、圧倒的に断熱スモークの勝利です!

2019120602.jpg

常連さんが買い替えられたフォルクスワーゲン・ティグアンをこれでやっているところです。

2019120603.jpg

あと、可視光線透過率60%のグリーンスパッターと透明ガラスを比較してみました。

透明ガラスが40℃の時点で、グリーンスパッターが35℃と、色が薄いフィルムですが、金属が入っているのでまあまあいい結果が出ました。

2019120605.jpg

これ、貼っているのが分かるか分からないかくらいの、ちょ~何気ないフィルムで、私の大好きな一品です。

2019120606.jpg

これからもお客さんのご要望に応じたフィルムを提案していきますので、どんどんご依頼くださいね~!

久々のリアガラス脱着からの施工

最近は小さい三角窓以外、まわりがゴムで取り付けられたガラスが殆んどなくなりました。

ランクル80のリアガラスだけですが、経年変化したフィルムの貼り替えをご依頼いただきました。

このタイプのガラスは、車体から外して貼ったほうが断然きれいに仕上がります。
施工後、あるていど乾いてからの組み付けになるので、時間はかかりますが、このやり方でうちはやっております。

けっこう年季が入っている車なので、予想はしておりましたが、外したら錆でポロポロになっているところがあります。

『俺は何屋やね~ん!』 と思いながらも、”こま男” の私としては放っておけんとです。
こういう時のために、防錆剤を常備しておりますので、すぐに塗っておきます。

2019100501.jpg

経年変化していたフィルムは十年以上前に貼られたそうで、厄介なことにバリバリになっておりました。

ガラスを作業台の上に載せて剥がすのに、嫁さんと二人、”内職” でもしているかのような地味~な作業が2~3時間続きました。

下の写真は 『やっとの思いで貼れます!』 のところです。

2019100502.jpg

水抜きをしっかりやって、ひと晩乾かして組み付けです。

2019100503.jpg

こちらのお客さんからは以前、フロントガラスのリペアもさせてもらっていて、二度目のご依頼でした。

こんな.感じで、なんかあったら声を掛けてもらえるのが嬉しいです。

ありがとうございました。
プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム