FC2ブログ

ポルシェ・マカンの付着物除去処理

常連さんからの紹介で、建築塗装現場から降ってきた塗料の被害に遭った車の施工です。

こういう場合は通常、加害者側の塗装業者さんが損害保険に加入されているので、車を見させてもらったあとは、損保会社と話をし、作業にとりかかります。

保険金詐欺の防止の為なのか、証拠写真を求められたり、確認する担当の人が来たりしますので、その都度対応します。

こんな感じで付着してますよ~、っていう写真です。

P1080515.jpg

普段は、仕事おわりに、出来るだけジムに通うようにしているんですが、シビアすぎる作業の日は、そこまでの余裕がないほど、体も神経もヘロヘロになるくらい鍛えられます。

かろうじて、家で酒を呑む元気が残っているくらいまで頑張ります。

下の写真は、熱湯で柔らかくした ”トラップネンド” をボディ面で滑らせて、付着している塗料の飛沫を除去しおります。
ここが、この仕事の ”ミソ” になるところです。
見る角度とか水滴なんかで、残っているのを見落としがちなところなので、二重三重にチェックしながら慎重にやっていきます。

P1080524.jpg

通常、付着した塗料は塗装面とガラス面は除去できますが、ザラザラした未塗装の樹脂やゴムの部分は、残るか変色するかします。
でも今回は完全除去できました。
よかったよかった!

あとは、いつもどうり鏡面仕上げをして、得意のコーティングです。
”被害に遭う前より美しく” をモットーとしてこういう場合、仕事に取り組みますので、元からあったスクラッチキズや、雨染みをできるだけ除去してやります。

P1080527.jpg

頑張った甲斐あって、ユーザーさんには 「わぁ~、めっちゃ綺麗やないですか~!」 と言って喜んでもらいました。

喜んでもらうのが、お金を貰うのとおんなじくらい、モチベーション維持に役立っております。

P1080529.jpg

ありがとうございました。

P1080531.jpg

内装も、造り込みの緻密さ、デザイン、 ”現代ポルシェ” もいいですね~!

いつもいろんな車に触れることができて、ぼかぁ~幸せです!




何十年ぶりかに、ワックスなんてぇものを買ってみました。

うちの嫁さん車兼代車、新車から14年経過していて、 ”元とりすぎ~!” って言われております。
小さいのに、いざという時は7人乗れてとっても便利、しかも大した故障もないのでできるだけ永く大事にしていこうと思っております。

ボディ面は当店自慢のコーティングで、14年落ちにはあるまじき美しさを誇っております。
しかし、ヘッドライトのくすみは数ヶ月おきにポリッシャーで磨いているんですが、なかなか面倒くさくなってまいりました~。

取引先の板金塗装屋さんで2~3万円かけて専用のクリア塗装をしてもらえば、手入れも楽なんでしょうが・・・

もっと安く簡単に、ちょちょいのちょいでいきたいんですよね~。

ひらめいたんですが、「白い車用のワックスで、もっと楽できるんじゃね?」
白い車用のワックスというものは、研磨剤の力で水垢を落としつつ、樹脂である塗装を保護するというものです。

いつも私が申し上げておりますが、塗装=樹脂、ヘッドライトカバーも樹脂ということで、いけるはずですので、ちょいと試してみました。

P1080481.jpg

ヘッドライトは人間でいうところの ”目” だと思っております。
なので、ここが曇っていると ”くたびれた人” に見えてしまいます。

安物の白用ワックスでもいいんですが、ついつい ”ヘッドライトも・・・” なんていうキャッチコピーにつられて、思っていたより高かったですが、買ってきました。

P1080509.jpg

今回の ”ミッション” では、上蓋に書いてある 『ライトカラー専用』 っていうのがミソで、これは 「研磨剤がちょっと入っていますよ~!」 っていう意味です。

この研磨剤で、お気軽にヘッドライトのくすみを除去しつつ、同時にワックスで保護までしてやろうっていう魂胆です。

付属のスポンジで ”ゴシゴ~シキュッキュッキュ~!” と調子よくいきます。

P1080485.jpg

するとどうでしょ~!
目論みどうり、なかなかいいではあ~りませんか~!

P1080489.jpg

ん~、この ”ドラえもん” のようなほのぼのとした風貌と14年落ちにはあるまじき美しさが気に入っております!

ホイールコーティングなどなど

通常、うちでホイールコーティングをさせてもらう時は、新車か新品に限らせてもらっております。

今回は一年ちょっとは経っておりましたが、お手入れが良く、極上ものだったので受けさせてもらいました。
BMW320ワゴン・Mスポーツです。

P1080367.jpg


以前はホイールコーティングって、 「単にこっち側の都合で、売り上げを稼ぐためだけの ”ツール” なんじゃないの~?」 と思っておりました。

私、きれいごとを言うようですが、「できるだけお客さんに、支払ってもらった金額と同等か、それ以上の満足を与えられなければ儲かる資格ナシ!」 と思っているほうです。

なので前は、お問い合わせがあっても、「やっても無駄なんじゃ~・・・」 的な返答を繰り返しておりました。

しかしある日、「一度試してみなければ・・・」 という思いで、まずは自分の新品ホイールで経過を観察をしてみました。

半年後、「こりゃ良さげやね!」 となり、一年後には 「いけるねっ!」 ってことで今、二年くらい経った状態がこちらです。

暇さえあればお手入れしておりますのであれなんですが、いまだにツルツル感健在です!

P1080400.jpg

使っている液剤がこちらです。

”エシュロン” というブランドのホイール用ガラス系コーティング剤です。

P1080395.jpg

先ほどのBMW、バッチリ仕上がりました。

P1080372.jpg

あと、ボディコーティングと、フロントドアからリアゲートまで全て断熱系フィルムを貼らせてもらいました。

P1080373.jpg

なんか高級車のシルバーメタリックっていいですね~!

ありがとうございました。

板金塗装屋さんへの外注もの

ここんところ台風やら、数十年に一度の豪雨で、この辺も大変だったみたいですね~!

幸い、私は普通に仕事ができる環境に、ありがたみを感じながら頑張っておりました。

昨日までとは違い、梅雨明けしたんでしょうか、今日は真夏の様相です。

先日、コーティングとかをさせてもらっていたお客さんが、「全体が綺麗になったぶん、ダメな所が気になってですね~・・・」 とヘッドライトのクリア塗装とキズの補修塗装を頼まれました。

通常、ヘッドライトのくすみはコーティングで預かった時についでに磨いて綺麗にするんですが、どうも国産車と輸入車では状態が違うんですよね~。

国産車はヘッドライトの表面だけ白ボケしているので、研磨剤でさっとピカピカに戻るんですが、輸入車のそれは、表面の樹脂がひび割れを起こしていることが多く、ペーパーでその部分を完全に除去しなければいけません。

その後、それ専用のクリア塗装があるんですが、いつもお世話になっている、”いぶし銀” の本職さんにお願いします。

P1080338.jpg

それから、写真ではちょっと分かりにくいですが、ドアノブ付近にも30cm四方でヘコミとか、引っかき傷があったので、そっちもついでにね、ということで・・・

この二点が解決したら、この前やったコーティングなんかと相まって、 ”ほぼ新車” 状態になる予定です!

P1080337.jpg

バッチリ仕上がって戻ってまいりました~!

P1080348.jpg

横はドアとクォーター部にまたがって数箇所のキズがありましたが、何事も無かったかのようです!

再度、そこだけコーティングしてお客さんに引き渡します。

P1080346.jpg

所要三日間で50000円+消費税がかかりましたが、お客さんにはとっても喜んでもらい、取次ぎ甲斐があるってもんです。

ありがとうございました。



LED照明増設工事の恩恵

車の磨きやコーティングの作業にはいくつも大切な要素があるんですが、照明設備がそのひとつです。

時折、アップグレードはしていて、最初の頃は 「おぉ~快適!」 ってなりますが、使っているうちにどんどん欲深くなってきて、『もっと便利に明るくなれば・・・』 なんて思いながらいつも作業しております。

なので、思い切って知り合いの電気工事屋さんにお願いしました。

左右の壁に1灯ものを3本づつぶら下げていたんですが、これを倍に増やして固定し、スイッチはそれぞれ必要な時に必要な本数だけ点けられるようにしてもらいました。

P1080268.jpg

一日がかりの仕事になるとのことだったので、その日は加工場を空けておきました。

夜遅くまで頑張ってもらった甲斐あって、バッチリ仕上がりました。

直後から、濃色車の施工予定が数台連続で入っていたので、超グッドタイミングでした~!

再加工に出してもらった ”S2000” です。
写真用に右側も点けておりますが、左側を作業するときには消しておきます。(ケチではないエコの観点からです。)

P1080270.jpg

次は増設したことが、さらにありがたさを実感する仕事です。

新車なんですが、屋外で長期在庫されていたため、塗装面にいろんなものが固着していて、そのままでは納車できないので磨いてくれとの、ホンダ系ディーラーさんからのご依頼です。

こういう場合、照明設備もですが、複数のポリッシャー、研磨剤、バフの組み合わせなんかをいろいろと変えて、適材適所で使い分けながら塗装面を最適化していきます。

P1080279.jpg

体力も神経も、いろんなものを総動員して頑張っております。

P1080282.jpg

バッチリ仕上がりました。

P1080283.jpg

同業者さんでよく 「うちは完璧な仕事をしますよ!」 的なことを言うテレビ見過ぎの人がいますが、くやしいかな小心者の私は、よ~言いません。

ですが、できるだけそれを目指し、あ~でもないこ~でもないやりながら頑張るのみであります。
”日々是精進” です。

ありがとうございました。
プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム