FC2ブログ

ホイールコーティング

ボディや窓ガラスのコーティングほどメジャーなものではありませんが、ホイールコーティングもたまにご依頼をいただいております。

今回、春日市の車屋さんからのお仕事です。

まだ新型ででたばかりの、アウディQ3スポーツバックなんですが、そのスタイリングが気になって見てみたかった一台でしたので、とっても嬉しいです。

ひとしきり、「おぉ~、いぃ~ねぇ~」 なんていいながら眺め回してから取りかかります。

ボディコーティング、窓ガラスの撥水コーティングも同時にご依頼いただきましたが、今回はホイールコーティングに焦点を当てていきたいと思います。

通常の足回りの洗浄をするときに、コーティングの前処理である脱脂洗浄を、この時点でやっておきます。

2020111401.jpg

このあと、拭き上げて放置しておきますが、ボディや窓ガラスのほうの作業をしている間に、細部にまで入り込んだ水気がいい感じで飛んでしまいます。

ホイールコーティンぐのほうも、きっちり際際(キワッキワ)までやりたいのでマスキングするんですが、タイヤのサイドウォールにチョンチョンと出ている ”ヒゲ” が邪魔をしてくれます。

なので ”こま男” の私は下の写真のように、このヒゲをちょんぎってから作業します。

2020111402.jpg

下の方にあるものを丸くマスキングをするって普通は、地味~にイラッとする作業なんですが、できるだけ快適にいきたいので、自作の ”コロコロボード” に座って大好きな音楽を楽しみながらやっております。

あと、コーティングは得意の二度塗りをして仕上げます。

2020111403.jpg

全ての作業が完了し、気持ちよく眺めるのが至福のひと時です。

2020111404.jpg

ありがとうございました。

”こま男” のちょっとしたこだわり

よく、「おしゃれは足元から!」 などと申します。

車におきかえると、タイヤ・ホイール、タイヤハウス内、ということになろうかと思います。

なので、コーティングやメンテナンスで預かった車は、この部分も ”できるだけ綺麗に!” を心がけております。

今回、新規のお客さんですが、よその施工店さんでコーティングされた車のメンテナンスをご依頼いただきました。

ホイールの内側を触ってみると真っ黒だったので、”こま男” としては気になるところです。

2020110901.jpg

ちょっと時間があったので、やっていきたいと思います。

こういうときは、通常通り足回りの洗浄をやってから、じっくり攻めていきます。

まず、ワイヤーブラシに柔らかい布を巻き付けて、洗剤をシュッシュッとやります。

ここで、なぜにワイヤーブラシかといいますと、巻き付けた布がズルズル滑りにくくなり、汚れが落としやすいという ”こま男” なりのちょっとした工夫です。

2020110902.jpg

忙しい時にはできない細かい作業ですが、このようにスポークの隙間からゴシゴシやります。

2020110903.jpg

面白いように真っ黒い汁が出てきます!
黒い汁が出てくる=綺麗になっている、ということなので気持ちがいいです!

2020110904.jpg

メンテナンスも順調に進み、ばっちり仕上がりました。

2020110905.jpg

い~感じです、和製スーパーカー、ニッサンGT-R!

ボディ面が綺麗なのはもちろんですが、その他周辺の要素(足回り、窓ガラス、黒い未塗装の部分、マフラーカッターのステンレス部)も、車の美しさを表現する大事な要素だと、”こま男” のわたくしめは思うところでございます。

そのためには ”労を惜しまず” とまで思い切ったことは言いませんが、できるだけのことをやって、お客さんに喜んでもらいたいな~、なんて思っておりやす!

コーティング、メンテナンス等、どんどんご依頼くださいね~!

ご清聴、ありがとうございました。

よくあるご質問(ホイール編)

『おしゃれは足元から!』 なんてよく言われますが、車にもあてはまると私は思っております。

なので、ボディコーティングやメンテナンスで預かる場合は、必ず足回りの洗浄から入ります。

お客さんから、「ホイールのお手入れは、どのようにしたらいいですかね~?」 って、たまに聞かれることがあります。

まず、新車の場合は、メニューのひとつとして取り入れておりますが、ホイールコーティングをさせてもらったあと、できるだけ ”マメ” にブレーキダスト等の汚れを除去することです。

そのとき、ホイールが泥や砂まみれになっている時以外、流水は使わず、柔らかい布で水拭きだけされることをお薦めしております。
流水でやるってぇ~と、ディスクブレーキのローターが無駄に錆び付き、それがブレーキダストになって固着してしまうからです。

下の写真は先日、ボディコーティングと窓ガラスの撥水コーティングで預らせてもらったポルシェです。

棒状のもの (真鍮のワイヤーブラシが、わたし的には今のところベストです) に湿らせた柔らかい布を巻きつけて、できるだけ奥のほうまで拭き上げます。
あと、体力、気力があれば、もっとしゃがみこみ、ホイールの内側から腕を突っ込み、仕上げたりします。

2019111701.jpg

うちのジャガーとポルシェのツーショット、いい光景です!(私も60になったらポルシェに乗ろうと思っております。)

2019111702.jpg

うちで使っている、”エシュロン” というブランドのホイールコーティング剤です。

P1080395.jpg

三年くらい前に施工して経過を観察しておりますが、いまだに ”ツルツル” していていい感じです。

P1080400.jpg

またどんどんご依頼くださいね~!


建築用塗料除去処理

いつもご依頼いただいているホンダ系ディーラーさんからです。

建築用というか、正確には自衛隊車両を塗装していた場所のそばで塗料ミスト被害に遭われたそうです。

黒のボディカラーなので一見、「どこ?」 ってなりましたが、触ってみるとなかなかのザラザラ具合でした。

窓ガラスなんかも、ワイパーを回したら 『ザッザッ』 って音がするくらいあります。

得意の ”トラップネンド” を柔らかくして、付着している面に滑らせ、除去していきます。

2019092801.jpg

素材的に柔らかいバイザーなんかにも付着しておりますので、優しく撫でるようにして作業していきます。

できるだけ交換部品を少なく済ませるように頑張っております。

2019092802.jpg

”トラップネンド” を使ったところには、こすった痕が若干残りますので、きちんと磨いてやります。

2019092803.jpg

もちろんボディ全体磨きますが、私の性分として、今回の依頼内容から逸れますが、どうにかなりそうなキズなんかがあったりすると、時間が許す限り、放っておけんとです!

黒のボディカラーに白の線キズなんか入っていようものなら、せっかく綺麗になっていきよるのに、気になってしかたがありません。

下の写真でもわかるとうり、ちょっとでも目立ちます!

2019092804.jpg

いつものように、これを ”こま男” の私が独自に開発した ”裏技” でもって、目立たないように加工してやります。

するとど~でしょう~!

キズ自体無くなっているわけではないので、よ~く見ると分かりますが、ぱっと見、見落とすレベルです。(撮り方がヘタですいませんが・・・)

2019092805.jpg

このあと、コーティングもして納車しました。

ユーザーさんには直接会うことはありませんが、塗料ミスト被害に遭われる前より綺麗になったと思いますので、かかった費用は保険会社もちでもあるそうですし、喜んでもらえれば嬉しいです。

ありがとうございました。

 

下地処理の重要性

仕事ってのは、なんでも、前もっての準備が大切だと思っております。

コーティングに関してもそうなんですが、きちっと下地を作ってからでないと、その液剤のもっているポテンシャルを十分に発揮できないんですよね~。

今回、窓ガラスでちょっと実験をしてみました。

新車で預かった車です。
一見きれいなので、いきなり前処理なしで撥水コーティングしたいところですが、部分的に磨いたところと、そうでないところの差をお見せしようかと思いまして・・・

下の写真は、左後ろガラスの上半分を磨いているところです。

SSCN0060.jpg

見た目的に拭き上げて乾いたら差はないんですが、水をかけたら一目瞭然です!

ちょい写真の撮り方がいまいちっぽいですが、磨いてある上段は水を全く弾いてないのに対して、下段は中途半端に弾いています。

SSCN0061.jpg

このように、ガラス面が ”スッピン” な状態と、中途半端に不純物が付着した状態では、撥水コーティング剤の受け入れ態勢が全く違うってモンです。

世界は違いますが、プロの料理人さんが作ったものを食べた時に感動することがあります。
それは素材そのものもですが、目に見えないところのひと手間が効いてたりするんですよね~!

なんでも地味~なところに ”キモ” があるんだなと思う今日このごろです。

理屈っぽいことを言ってサ~センでした!

プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム