FC2ブログ

建築用塗料除去処理

いつもご依頼いただいているホンダ系ディーラーさんからです。

建築用というか、正確には自衛隊車両を塗装していた場所のそばで塗料ミスト被害に遭われたそうです。

黒のボディカラーなので一見、「どこ?」 ってなりましたが、触ってみるとなかなかのザラザラ具合でした。

窓ガラスなんかも、ワイパーを回したら 『ザッザッ』 って音がするくらいあります。

得意の ”トラップネンド” を柔らかくして、付着している面に滑らせ、除去していきます。

2019092801.jpg

素材的に柔らかいバイザーなんかにも付着しておりますので、優しく撫でるようにして作業していきます。

できるだけ交換部品を少なく済ませるように頑張っております。

2019092802.jpg

”トラップネンド” を使ったところには、こすった痕が若干残りますので、きちんと磨いてやります。

2019092803.jpg

もちろんボディ全体磨きますが、私の性分として、今回の依頼内容から逸れますが、どうにかなりそうなキズなんかがあったりすると、時間が許す限り、放っておけんとです!

黒のボディカラーに白の線キズなんか入っていようものなら、せっかく綺麗になっていきよるのに、気になってしかたがありません。

下の写真でもわかるとうり、ちょっとでも目立ちます!

2019092804.jpg

いつものように、これを ”こま男” の私が独自に開発した ”裏技” でもって、目立たないように加工してやります。

するとど~でしょう~!

キズ自体無くなっているわけではないので、よ~く見ると分かりますが、ぱっと見、見落とすレベルです。(撮り方がヘタですいませんが・・・)

2019092805.jpg

このあと、コーティングもして納車しました。

ユーザーさんには直接会うことはありませんが、塗料ミスト被害に遭われる前より綺麗になったと思いますので、かかった費用は保険会社もちでもあるそうですし、喜んでもらえれば嬉しいです。

ありがとうございました。

 

くせ強めなヒビ2連発

たかだか直径1~3cmぐらいのフロントガラスのヒビ割れですが、そのリペアにはなかなかのテクニックが要求されます。

よくカー用品店なんかに ”素人さん用リペアキット” が売られていますが、27年以上やっている私は今でも研究中なくらいシビアな世界だったりします。

ちょうど今週、同業者さんでは嫌がられそうなヒビ割れが二件立て続けに入ってきました!

まずは、はじめて取引をさせてもらう車屋さんですが、大牟田市から積載車に載せて持って来てもらいました。

オークションで仕入れた車のフロントガラスにヒビが入っていたとのことで、見てみたら 先述の ”素人さん用リペアキット” でちょっとやってある気配があるようなないような・・・

だいたいやってある場合は、すぐ分かるんですが、なんかびみょ~な感じです。

これを中途半端にやってあると、リペア液の ”通り道” が塞がれてしまいダメなことが多いんです。

2019092101.jpg

可能性がちょっとでもあればチャレンジするっていうのが私のモットーなので、長年自分なりに培ってきた技を色々と繰り出していき、できるだけのことをやります。

当初懸念していたこと以外にも、”障害物” となることはありましたが、嬉しいことに私の作戦勝ちでバッチリ仕上がりました~!

いつもどうりリペア痕は少し残りますが、上出来です。

2019092102.jpg

はじめて依頼してもらった車屋さんには喜んでもらったうえ、大好きな名物の ”草木饅頭” まで差し入れで頂きました。

ぱくぱくと、やめられない美味しさ、ありがとうございます。

2019092103.jpg

お次のヒビは、10年以上前からお付き合いさせてもらっている近所の車屋さんからです。

一個の飛び石で三箇所のリペアが必要になるかもしれない、なかなかのレアケースです。

こういうのも、経験の浅い同業者さんでは敬遠されそうなキズです。

「こりゃ~ダメですね~、全面交換ですね~、はい10万円です。」 とか、もっともらしく言われると信じてしまいますよね~。

それで無駄に大金を払わされた人と話てて、 「あぁ~それ、リペアでいけましたよ~、もったいなかったですね~!」 ってこれまで何回言ったことやら・・・

2019092104.jpg

上の写真は、走行中に飛んできた小石がコツンコツンと転がりながら二箇所にヒビを入れたものです。

この二箇所ともヒビが繋がっていて、かつリペア液を全てのヒビに浸透させることができれば一箇所分の作業でいいんですが、そうでなければ別々に作業することになります。

そこまではたまにあることですが、今回のこれは二箇所のヒビの右上に、どことも繋がってなさそうなヒビが一本あります。

なかなかです!

できるだけリペア作業は一回で済ませたいのですが、結局三回もやる必要があり、頑張りました。

すべてリペア液を浸透させ固めたところです。

2019092105.jpg

いつものようにリペア痕は残りますが、これで安心です。

2019092106.jpg

いつもいい勉強をさせてもらいつつ、できるだけ多くの人に喜んでもらう、そして相応の報酬を頂く、これがいいと思います。

またどんどんご依頼くださいね~。

ありがとうございました。

ジムニー、フルコースでのご依頼

去年、別の車を出してもらっていたお客さんから、二台目を買われたそうで、また今回もご依頼をいただきました。

ボディコーティング、窓ガラスの撥水コーティング、フィルム施工、ホイールコーティングとフルコースでのご依頼です。

好きな車でもあり、気分はウキウキです!

まず事前に社外品の箱入りホイールを持ち込んでもらっていたので、先にやっておきました。
もちろん得意の二度塗りです。

2019090601.jpg

フィルムのほうは、リア3面が可視光線透過率5%の一番濃い黒で、フロントドアは可視光線透過率88%の透明断熱タイプでのご依頼です。

姿勢も正しく、テキパキと作業が進んでおります。

2019090602.jpg

コーテイングのほうはというと、納車後間もないそうなんですが、本格的な作業前にちょこちょこ手を入れて最適化すべき箇所があったりしますので、頑張っております。

2019090603.jpg

窓ガラスはお約束どうり新車時でも油膜バッチリなので、こちらも撥水剤の受け入れ態勢をつくってやってから施工するコーティングが効果を最大限に発揮します。

プロの仕事として、隅々までキッチリやりたいので、マスキングは欠かせないところです。

2019090604.jpg

いろいろと頑張り、ついに完成で~す!

2019090605.jpg

そういえば、いつの間にか創業27年の記念日を二ヶ月以上過ぎておりました!

全てのお客さんがそうではないにせろ、今回のお客さんのように、複数回依頼してくれるユーザーさんや、長年お付き合いをさせてもらっている車屋さん達がいてくれて、私のやる仕事に喜んでくれるおかげで、こんなにも継続して頑張ることができているんだな~と、つくずく思えるようになりました。

創業時の二十代の頃のような、力任せに頑張る体力は今はなくなりましたが、そのぶん、大事なところに気付くことが以前より多くなったような気がします。

これからも、できるだけ多くのお客さんに喜んでもらうような仕事をしていこうと思う今日このごろです。

ありがとうございました。
プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム