FC2ブログ

メンテナンスでの作業内容

コーティングをさせてもらったお客さんには、お車の保管状況なんかを聞いて、メンテナンスのタイミングをある程度アドバイスさせてもらっております。

場合によっては、メンテナンスなしで数年後の再加工のほうがいいと判断することもあります。
お客さんのご意向とか状況によって、臨機応変に対応させてもらっております。

さて、メンテナンスで預かった場合の作業を、このブログなんかで細かく説明したことが無かったような気がしますので、今回紹介させてもらいます。

私、車を綺麗にするのって、ボディ面だけでなく、トータルバランスが ”キモ” だと思っているほうです。

ボディが美しくっても、足回りがドロドロだと許せなかったり・・・

なので、洗車の前には腕カバー付きグローブをはめ、専用の洗剤とスポンジを使い、タイヤハウスに腕ごとつっこみ、ゴシゴシやります。
その後、高圧洗浄機の力を借りて手の届かない所の汚れをはぎとってやると、奥のほうまで新車のようになります!

P1080824.jpg

さらに見えないステップの下側なんかに、ネトネトの油をはねていたりすることがあるので、ここもあらかじめ洗浄しておきます。

P1080828.jpg

ボディ全体の汚れを、高圧洗浄機であらかた落としてから、やっと洗車にとりかかります。

このとき、水をかけながらクロスを滑らせていくんですが、下の写真のように水道ホースを肩にかけてボディに接触させないことがポイントです。

よくフロントフェンダーとかルーフの端っこに、垂直に線キズが入った車を見ますが、それはホースをボディ面に当てながらの洗車に起因していることが多いと思います。

このようにホースを肩に担ぐほうがいいです。

洗車方法についての余談ですが、汚れているそばから、シャンプーで泡立ててゴシゴシっていうやり方もあります。

そっちのほうが楽なんでしょうが、私は怖くって、ずっとこのやり方でやっております。

P1080832.jpg

つづいては、洗車で落ちない鉄粉等を除去してツルツルにするんですが、ここにもポイントがあります。

専用の ”トラップネンド” を使うんですが、そのままだと硬くてコーティング面を傷つけてしまいます。

なので、うちでは一年中石油ストーブが活躍しております。

お湯の中に、ネンドを複数入れておいて、柔らかくなったものを使えば、綺麗にザラザラを除去できます。

P1080835.jpg

このようにネンドを滑らせながらザラザラを除去していきます。

P1080839.jpg

このあと本題のメンテナンス剤投入です。

先ほどのトラップネンドに反応しなかった汚れを落としつつ、元々のコーティングの上に撥水膜を張っていく感じの ”すぐれもの” を使用しております。

P1080841.jpg

あと、ユーザーさんが気にされていた線キズが一箇所ありましたので、”こま男” の裏技で目立たないように処理しておきます。

黒 (正確にはブラウンメタリック) ボディに白い線キズの処理は私の得意とするところです。

P1080849.jpg

以上、こんな感じでメンテナンス作業の完了です。

ばっちり仕上がりました~!

この車のお客さん、福岡市の東区から持って来てもらっております。
喜んでもらったみたいなので、私たちも嬉しいです。
頑張るモチベーションになり、ありがたいこっです!

P1080873.jpg

ちなみにメンテナンス料は、新車時コーティング料金の3割で設定させてもらっておりますので、この濃色系ハリアーでいうと19800円+税になります。

どんどんご依頼くださいませ~!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム