FC2ブログ

当店なりのこだわり一例 (コーティング編)

前回はフィルム施工での ”こだわり一例” をやりましたが、”こま男” としてはまあまあ自己満足できる内容だったと思います。

今回、調子にのったところでコーティング編です。

自分では、あたりまえと思ってやっていることが、お客さんから見たら 『そこまですると~!』 っていうことがあるみたいですが、そういうところが ”こま男なりのこだわり” なのかな~、なんて思っております。

その一例をちょっと紹介させてもらおうかなと・・・。

よく、 ”おしゃれは足元から” と申します。

車もおんなじことで、いくらボディ面がピカピカでも足回りがドロドロだと、気分が萎えてしまいます。

なので、洗車する前には必ず足回りの洗浄から入ります。

足回り専用の洗剤を、タイヤ・ホイール・タイヤハウス内に噴霧し、汚れを浮かせつつ、スポンジでゴシゴシキュッキュッキュとやります。
タイヤハウス内に腕を突っ込み、ゴシゴシするときは手を傷つけないように、グローブが欠かせません。

夏場は、ちょっと高価ですが、ダイビング用のグローブが一番使いやすいです。
冬場は腕カバーつきグローブに、ダイビング用グローブの重ね着がいいです

2020040901.jpg

足回りの仕上げには高圧洗浄機で、手の届かないところも汚れを剥ぎ取ってやります。

2020040902.jpg

次に洗車ですが、水道を使う場合は、下の写真のようにホースを肩に担いで、ボディとホースが接触しないように注意します。

よくフェンダーとかルーフの角のところに垂直に線キズの入った車を見かけますが、こうすることによって、無駄にキズを入れなくて済みます。

あと、ここを約20年前に建てた時、全ての作業をこの加工場内で完結させられるように、床に傾斜をつけ、三層構造の樹脂で塗り固めてもらっております。

なので、洗車した水が溜まることなく、常に清潔な環境で作業ができます。
ここも ”こま男” なりのこだわりです。

20200409033.jpg

次に、洗車しても落ちない鉄粉や、空中浮遊塵がボディ面に固着したザラザラ汚れは、鉄粉除去剤と ”トラップネンド” で落とします。

前にも紹介しましたが、この ”トラップネンド” は普通に使うよりも、石油ストーブの上にブリキのバケツを置き、お湯の中で複数個のネンドを柔らかくしながら使うのが ”私流” です。

こうすることによって、ボディ面のプレスラインとかアールのついているところとかに対して、追従性がよくなるからいいんです。

なので、真夏でも湯沸しポットと石油ストーブが活躍します。

2020040904.jpg

ネンドをかけ終わったところで、ボディ面全体を高圧洗浄機で流します。

この時、棚に置いている材料や道具、照明器具なんかに水がひっかからないように設置しているビニールカーテンがありがたいです。
これも、 ”こま男” の要望で業者さんに付けてもらいました。

2020040905.jpg

あと拭き上げ前には、あっちこっちに水が溜まっているので、それを飛ばすためのブロアが重宝します。

ホームセンターで数千円であるものですが、ここでも ”こま男のこだわり” がありまして、延長コードにつなぐコンセントのところを短く改造してもらって、水浸しのところで使用しても漏電しないようになってございます。

2020040906.jpg

とまぁ~、コーティングにたどり着くまでにいろいろとありますが、今日のところは電池が切れつつありますので、次回また頑張るということにして、この辺で失礼させていただきます。

ご清聴、ありがとうございました。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カーポリッシュ・ツル

Author:カーポリッシュ・ツル
カーリペアを専門に「お客様の満足をやりがいに!」をモットーに20年間営んでおります。車をピカピカに美しく仕上げるために、常に新しい技術や設備を取り入れ、お客様の笑顔をいただければと願っております。何でもお気軽にご相談ください。

■TEL/FAX 092-926-1547
■福岡県筑紫野市原田7-2-10
 (〒818-0024)

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム